大学案内 学長あいさつ

「口腔医学の総合大学」として、
教育・研究・臨床活動を展開します。

九州歯科大学は、2014年(平成26年)に創立100周年を迎え、これまでの長い歴史と伝統を礎に更なる教育・研究・臨床活動の発展を目指しています。我が国において、歯学部を設置する29大学のなかで唯一の公立大学として、地域に根差した歯科医学・医療の発展に貢献してきました。

本学は、「口腔の総合大学」として、プロフェッショナリズムとヒューマニズムの精神を備えた実践的な歯科医療人の育成を掲げ、豊かな知識・技術・態度教育を通じて優秀な人材の育成を大事にしています。さらに、歯科医療を取り巻く環境の変化を機敏にとらえて、教職員が一丸となって時代に即した教育改編を推進しています。

我が国において2025年(令和7年)を目途に進められている「地域包括ケアシステムの構築」のなかで、健康保健福祉活動における歯科医師及び歯科衛生士の果たす役割を勘案し、あわせて公立大学であるという特徴を活かして、教育カリキュラムに多職種連携教育を幅広く取り入れています。

現在、教育連携協定を締結している北九州市内の複数の医科病院において、歯学科及び口腔保健学科の学生がオーラルヘルスチームとして臨地実習を行い、メディカルスタッフとの協働作業を体験しています。一方で、国際教育連携活動を展開し、グローバルな歯科医療人育成を目指して、2020(令和2年)年までに欧米・アジアにおける12大学と学術教育連携協定を締結し、学生・教員の交流及び共同研究を推進しています。

このように、本学は歯学教育の軸にThink globally, act locally(世界規模の視野を持ち、足元から行動せよ)という言葉のもと、先駆的なglocal dental educationを積極的に展開し、国内外を問わず、歯科医学及び医療界のフロントランナー育成を推進しています。

公立大学法人九州歯科大学 理事長・学長 西原 達次

学長あいさつ

式辞等

令和4年度

令和3年度

令和2年度

2019年度

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

平成24年度

ページトップ